Skip to main content

Atlas of Brutalist Architecture

¥11,000
Tax included.
ブルータリズム建築とは50年代から始まったムーブメントで、元々は荒々しい・粗野などという意味を持つ「brutal」という単語が由来している。その言葉が表すように、装飾などにこだわらずコンクリートなどの素材そのものを採用する建築のことを指す。
特に広く知られているのはフランスの建築家、ル・コルビジェによるべトン・ブリュットというコンクリートをそのまま建築様式に取り入れたもの。戦争によって荒廃したヨーロッパの街の再建には、安価でメンテナンスのいらないコンクリートという素材が注目されたが、一方で冷たく無機質な印象を与えるブルータリズム建築には批判的な視線も集まった。
本書はイギリスやアメリカなどの有名なブルータリズム建築だけではなく、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアなど世界102カ国のあまり知られていない建物も掲載し、ブルータリズムが世界的なムーブメントであったことを紹介したもの。
マルセル・ブロイヤー、ル・コルビュジエ、ルイス・カーン、ポール・ルドルフなど、20世紀を代表する建築家と、アルヴァロ・シザ、ジャン・ヌーヴェル、安藤忠雄、ザハ・ハディドなどの現代建築家の作品も掲載されている。

Phaidon Press / 568ページ / ハードカバー / 298 x 213 mm / 9781838661908 / 2020年

Your Cart

Your cart is currently empty.
Click here to continue shopping.
Thanks for contacting us! We'll get back to you shortly. Thanks for subscribing Thanks! We will notify you when it becomes available! The max number of items have already been added There is only one item left to add to the cart There are only [num_items] items left to add to the cart